top

 

 スポンサードリンク

れんこんの栄養

「蓮根」(レンコン)は、

「先が見える、見通しがきく縁起のいい食材」として重宝されています。

ひな祭りの時期にはちらし寿司の材料としてもよく使われています。

レンコンは、ビタミンCが豊富で、みかんの1.5倍、大根の3.7倍に相当する量が含まれているそうです。

レンコンは茨城県で全国の3割以上を生産しています。

レンコンを選ぶ際は、形に丸みがあって、ずん胴形のもので、表皮につやがあり、淡褐色のものがよいそうです。

れんこんもいろいろあうようです。

  


家族で食べる鍋料理

立春だというのに、寒い日が続きます。

こういうときは、「鍋料理」がいいですね。

スーパーの棚には、ダシ取りや味付けの手間が省ける鍋つゆが数多く並んでします。

家族で食べるのにおすすめの「鍋つゆ」というランキング調査を目にしました。


これによると、

1位は「ヤマキ 地鶏だし塩ちゃんこ鍋つゆ」でした。

塩と地鶏をベースとしたシンプルながらコクもあるスープで、
野菜など素材のうまみを素直に楽しめるようです。

なんだか、おいしそう。

やっぱり、今夜は鍋にするか。


創造素材 食(3) 和風料理 3(鍋・麺・ごはん)

ヤマキ だし


  


好きな漬け物は?

先日、「好きな漬物」というランキングを目にしました。

第1位は予想通り「キムチ」でした。

日本のものだったらよかったと思いますが。

キムチは、激辛ブームや健康食ブームで日本の家庭に普及したようですね。

スーパーでもいろいろな種類が並んでいます。

ランキングは以下のようになっていました。

1.キムチ・・・・・白菜キムチ、大根キムチ、水キムチなどが有名
2.たくあん漬け
3.野沢菜漬け・・・長野県を代表する漬物
4.しば漬け・・・・京都を代表する漬物の一つ
5.らっきょう漬け
6.千枚漬け・・・・しば漬けと並ぶ京都を代表する漬物
7.福神漬け
8.高菜漬け・・・・福岡や熊本など九州を代表する漬物
9.べったら漬け・・大根のこうじ漬け
10.わさび漬け・・・静岡を代表する漬物

わたしは、野沢菜、しば漬けが好きですね。

iwaki パイレックス キムチピチパック 700ml 7016-R

各種漬け物です


  


鱈(たら)のおいしい季節です

「鱈」(タラ)は、「魚」に「雪」と書くように、
雪の降る季節に産卵期を迎え、味が良くなります。

タラという魚は、食欲が旺盛で、貝や小魚、イカなどをなんでも手当たり次第に食べます。

食べ過ぎが原因で胃潰瘍(かいよう)にかかるタラもいるそうです。

この大食いの性質から「鱈腹(たらふく)」という当て字が生まれたようです。

タラの身は脂が少なく柔らかな白身で、たらちりなど鍋物にして食べるのが一般的で
す。

わが家でもよくします。

景気低迷を反映してか、今年は前年よりも1割前後安いようです。

世界をかえた魚 タラの物語

たらについて

  


鰤(ぶり)がうまい

鰤(ぶり)は、師走の魚です。
寒ブリなどと呼ばれ、寒くなるにつれて脂も乗り、おいしくなります。
まさに、今が旬というところか。

刺し身で食べたり、照り焼きにしたり、
また、大根と合わせてのブリ大根などは、酒のつまみとしてもいけます。

ぶりは、『出世魚』の代表で、大きくなるにつれて名前が変わります。

地域によって呼び名が変わりますが、
関東では大きくなるにつれて「ワカシ」→「イナダ」→「ワラサ」と名が変わり、ブリになると体長が1メートルにも達します。

関西では「モジャコ」→「ワカナ」→「ツバス」→「ハマチ」→「メジロ」→「ブリ」と呼ぶところが多いようです。




鰤(ブリ)について

  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら